寒中見舞いを出す時期はいつまで?年賀はがきは使っていいの?時期を過ぎたら?

年中行事

年賀はがきを出さなかった、もしくは出し忘れた方から届いたとき
あなたならどうしますか?

寒中見舞いを出すのが一般的かと思いますが
出す時期に迷ったり、余った年賀はがきを使っちゃいたいなぁと思ったりすると思います。

さらに、寒中見舞いの時期も過ぎちゃった!どうしよう!という事もあるかもしれません。

そんな寒中見舞いについてまとめてみましたので
ご覧になっていってください。

スポンサーリンク
  

寒中見舞いはを出す時期、いつまで出せるの?

寒中見舞いは喪中のお葉書でよく見かけると思いますが
喪中だからと言って出すものではありません

本来、寒中見舞いは寒さが厳しい地域や豪雪地域の方に対し、
苦労をねぎらうために出されたのが始まりとされています。

そのため、寒中見舞いは「小寒」の1月6日から
「立春」の2月4日までの間に出すもの
のようです。

寒中見舞いを出そうと考えていらっしゃる方は
この時期を外さないように注意しましょう。

寒中見舞いはを出す時期は?賀はがきを使ってもいいの?

余ってしまった年賀はがきがあると
ついつい使いたくなってしまいますね。

年賀状は年始の挨拶に使用するものですが
寒中見舞いは寒い地方の方の苦労をねぎらうために出すものです。

用途が違うので出来れば年賀はがきは使わずに
寒中見舞いのはがきや官製はがき使うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

どうしても年賀はがきを使いたい!という方は
年賀状のお年玉抽選会の前に出しましょう

抽選後ではハズレのはがきを使いまわしたと思われて
相手に不快な思いを与えかねません。

せっかくのお便りなのでお互い気分よく交わしたいものですね。

また、寒中見舞いのはがきは喪中で使われることもあり
市販のものだと渋めの色合いのものが多いかと思います。

喪中で出すのではないのなら
明るめの色合いのものを選ぶとよいでしょう。

寒中見舞いの時期が過ぎたらどうする?

忙しくてどうしても出せなかった!
うっかり出すのを忘れてしまった!
でも何かしら返事を出したい、どうしよう…。

立春も過ぎてしまったそんな時は
寒中見舞いではなく「余寒見舞い」として出しましょう。

余寒とは立春後でもなお残る寒さを表す言葉です。
立春の2月4日頃を過ぎてから、一般的には2月末までとされています。
寒い地方に住む方には3月の始めまで出してもよいと言われています。

でも書くのはあくまでも年賀状にかかわる返信ですよね。
できれば余寒見舞いの時期になる前に
早々にお返事を書きたいですね。

まとめ

いかがでしたか?
年賀状の出し忘れ、うっかり返事の書き忘れは誰にでもあることです。
そんなときでも慌てずに時期にあったお手紙を書きましょう。
覚えているときにできるだけ早く書いてしまうことが
うっかりを無くすコツですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました