【2018.8.31閉店】船橋のアメイジングワールドに行ったよ。赤ちゃん~小学生も楽しめるオススメスポット!

体験記

【2018.9.2追記】
船橋のアメイジングワールドは2018年8月31日で閉店となりました。

低価格で楽しめるスポットだったので、本当に残念です(T_T)

————————————————————

土曜日曜などの子どもがお休みの日
皆さんはどこにお出かけになりますか?

公園もいいですが、たまにはちょっと違ったところ
また、ショッピングしながら立ち寄れるところなんかが
あったらいいですよね。

という訳で。
今回は船橋のvivitというショッピングセンターにある
アメイジングワールドをオススメしたいと思います。

たくさん遊具もありますし、それなりに広いし
赤ちゃんから小学生まで楽しめる
たくさんのおもちゃがありますので

次のお休み、どうしよう?

と思っている方の
参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

0歳から小学生まで楽しめる、広々スペースの室内遊具場

私が行って来たのは、船橋のアメイジングワールドです。

こちらには、空気を入れて膨らませるドームでできた滑り台に
ちょっとしたアスレチックのようなもの
人工芝でできた芝滑りに、ボールプールなどのたくさんの遊具の他に

こえだちゃんのオモチャや知育オモチャ
体を使って動かす小さなバイクなど
たくさん遊べるものがあります。

こちらが芝滑り。登っているのはウチの1歳の子どもです。
よい子はちゃんと階段から登ってくださいね(苦笑)

こちらは、小さなバイク場です。
進行方向を守って使いましょう。

空気で膨らませてある滑り台です。
入り口は2ヶ所、右隅の傾斜になっている部分が
滑り台になっています。

お絵かきの壁です。
用意していあるクレヨン(だったかな?)で
壁に思い切り落書きできます。

「書いたら消してね」という注意書きがあったりしますが
誰も消さないみたいですね(苦笑)
消すための雑巾も用意してありますので
次に落書きしたいお友達のために、消してあげるといいですね。

おままごとやごっこ遊び、絵本コーナーです。

こちらはボールプールと空気で膨らませてある滑り台です。
お隣のスペースが休憩場になっているので
ボールが外に出てしまわないように
投げる方向には注意したいところです。

0~2歳が利用できる、よちよちパークです。
小さな子どもはここでゆっくり遊べます。
1人で出てしまわないように、ゲートもしっかりあるので安心ですね。

こちらはブロックや、こえだちゃんの木のおうちなどの
オモチャがあります。
知育玩具系がたくさんあるので
そういうものが好きなお子さんは、ハマると思います。

最後に砂場です。
隣に足洗い場があるので
遊び終わったらしっかり洗ってから出ましょう。

 
 
こちらのアメイジングワールドは遊んでいいのは子どもだけではなく
大人も一緒に遊べます。

家の近くにある室内遊具場の「USランド」は
遊ぶのは子どもだけにして、大人は見守りで~。という感じなんですが
一緒に遊べるので、子どもも嬉しいですよね。

小さい子どもは「パパ、ママ、一緒に遊ぼうよ~」と言うことが多いので
この点はポイント高いと思います。

まぁ、子どもを遊ばせて大人はゆっくり見守りで休みたい
というときには、ちょっと困りものかもしれませんが^^;

ちなみに、一休みしたい大人は
マッサージ器がいくつか置いてあるので
使ってみてもいいかもしれませんね。

休日は1回100円ですが
平日は無料で使えますよ!

スポンサーリンク

年の離れた子どもを連れて行っても大丈夫?

年の離れた子どもでも、年齢にあった遊びスペースが用意されているような感じなので
大きい子も小さい子も、遊ぶことが出来ます。

ただ、0~2歳と3歳~小学校低学年くらいまでのお子さんを一緒に連れて行く場合は
保護者も二人いた方が無難です。

0~2歳には、安全のためにも当然保護者の見守りは必要ですし
低学年くらいの子どもも、別に見守りが必要だと思います。

安全のためにも、出来れば年の離れた子どもを連れて行く場合には
大人も2人入場して、見守りながら一緒に遊んであげましょう!

お父さんやお母さんが、自分と一緒に遊んでくれる!というのは
小さな子どもにとってはとても嬉しいことだと思いますので
疲れ過ぎない程度に(笑)たっぷり遊んであげるといいですね(^-^)

さいごに

いかがでしたか?
晴れでも雨でもたっぷり遊べるアメイジングワールド。
次のお休みにでも、ご家族皆さんで行ってみてはいかがでしょう。

子どもと一緒に思いっきり遊んであげれば
きっと大喜びですよ!

ただ、ショッピングセンター内にあるので
行き帰りでおもちゃなどをせがまれないように気をつけましょうね(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました