入学式の着物は何を選べばいいの?選び方とふさわしい色はこれ!

育児・療育

春を迎えるこの季節。
お子さんの入学式を控えていらっしゃる方も多いでしょう。

入学式、スーツもいいけど
せっかくだから着物も着たいな…
と思う方もいらっしゃるのでは?

私も結婚する時に
親に持たせてもらった着物があるので
持ってるだけではもったいなくて
機会があれば着たいな…と思うのですが
そもそも、入学式に着ていい着物って決まってるのかな?
と疑問に思い、調べてみました。

着物も色々種類や格があり
場にふさわしい物も決まっているようなので
是非お伝えしたいと思います。

着物もいいよねーと思う方の
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

入学式の着物は何を着ればいいの?

さて、入学式に着物を着て行きたいな。
と思ったアナタ。

着物って種類によって格があるのはご存知ですか?

私は良く知りませんでした。

着物には種類があり、格式の順で言うと

黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、小紋となります。

留袖は結婚式で新郎新婦の親が着ていたりすることから分かるように
一番格式の高い着物です。

振袖は成人式でおなじみですね。
未婚女性の第一正装で華やかなものが多いので
袖を切ったとしても入学式に着て行くには
豪華すぎて浮いてしまいそうですね。

訪問着は未婚既婚問わず着られ
着物全体に繋がった絵の模様が入る
結婚式やパーティー、卒入学式など幅広い行事で着る事ができる
便利な着物です。

色無地は紋を入れれば訪問着と同格になりますが、入学式は紋が付いていなくても
袋帯を品のあるもので締めれば良いとされています。

小紋は着物全体に同じ模様が繰り返し描かれており、一方向に柄を繰り返す着物で
小紋の中でも江戸小紋はおしゃれ着であって正装ではありませんが
小紋の中では格が高いとされています。

付け下げは訪問着とおしゃれ着であるところの小紋の中間に位置するもので
訪問着よりは略式ですが、現在は訪問着と同じ扱いで着られることも多く
正装からちょっとした外出までと幅広く着らるようです。

こうして見ると、入学式に着てもおかしくないものとしては
訪問着、付け下げ、色無地、小紋ということになります。

入学式の着物の選び方は?ふさわしい着物って

さて、入学式に来ていける着物には
訪問着、付け下げ、色無地、小紋
があることが分かりましたね。

これらの着物でも
本来は紋が入っていなければ
礼装としては認められない、という意見もあります。

実際昔はそうだったようですが
時代の流れで今は紋付を着る方の方が少なく
そこまで気にする方はいないでしょう。

華やかな柄の入る訪問着は素敵ですが
入学式の主役は子どもであることを考えると
親が目立ちすぎない方がいいでしょう。

できれば、柄の無い色無地や
江戸小紋を選ぶ
と良いですね。

また、着物は帯がポイントになります。
濃い色の着物の場合は、薄い色の帯
カラフルな着物の場合は、単色の帯など
着物とは違うタイプを組み合わせると
バランスの良いコーディネートになりますよ。

スポンサーリンク

入学式の着物の色選び

さて、入学式に着て行ける着物の種類は分かりました。

では、色はどうしたらいいでしょう?

着物は季節感が重要視されることも多いです。
桜の柄を春以外の時期に着るのは
ちょっと変ですよね。

そのような感じで
色も季節に合ったものを選びたいですね。

入学式は春なので
春らしくピンクや黄色、淡い緑など
春らしさを感じさせるものだと良いですね。

ただ、濃い目の色の方が重厚感が出せるためか
濃い目の茶などのダーク系の色で参加される方も
いらっしゃるようです。

なので、お知り合いに同じ学校の先輩ママさんがいれば
入学式の様子をぜひ聞いてみてください。
その上で、ご自身が良いと思えるものを選びましょう!

まとめ

入学式の着物の選び方としては

・種類としては
 訪問着、付け下げ、色無地、小紋が適している
・色は春らしい物で選ぶのが良い
・帯は小物でバランスの調整を

ということで、まとめさせていただきました

子どもの成長を感じられる大切な行事ですので
ご自身の納得される形で
着物選びを楽しんでくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました