年賀状の一言、上司に向けた新入社員の添え書きや取引先への例は?

年中行事

毎年年末になると年賀状を書く方も多いと思います。
出さない派も増えているとはいえ
まだまだ書いている方が多いでしょう。

特に今年から入社した新入社員の方は
上司への年賀状という慣れないことに頭を抱えているかもしれません。

失敗しない年賀状はどんなものでしょうか?
新年を気持ちよく迎えるために
一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク
  

年賀状の一言で上司ウケを狙う!新入社員は何を書いたらいいの?

目上のかたに向けての年賀状では特に
印刷だけでは失礼とも受け取られかねません。
受け取られた方の気持ちの問題でもありますので
手書き文字に自信がなくても頑張って一言添えてみるとよいです。

できれば上司ウケが良く、失礼にあたらない一言を添えたいものですね。

その時に新入社員として入社された方は

・今年は後輩もできるので、いっそう努力していきたい
・仕事の厳しさ、面白さを感じ始めている

など、今後ますます努力していきたいという前向きな一言がオススメです。
特に1年目でしか書けない抱負を盛り込むといいでしょう。

年賀状の一言添え書き、取引先はどんなのがいいの?

取引先への一言は昨年の感謝だけではなく
新年の抱負や変わらぬご厚意のお願いを書いてもよいでしょう

気を付けたこととしては
新たな事業を始めた等があったとしても
年賀状でアピールはしないこと
です。

せっかくの年賀状が、新たな事業のアピールの印象が強くなてしまい
相手に良くない印象をあたえかねません。

気持ちはわかりますが
営業は直接顔を合わせたときに行うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

また、年賀状は人目に触れるものですので
詳しい取引の内容や機密性の高い内容は
書かないように気を付けましょう

年賀状の一言の例、オススメは?

一般的で汎用性に優れているのは

「旧年中は大変お世話になりました。本年もご指導、よろしくお願い致します。」

です。

新入社員の方や転職後初めての年賀状という場合は

「おかげさまで社会人2年目を迎えます。後輩も出来ることですし
いっそう努力していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします」

「仕事の厳しさと同時に、面白さを感じ始めております。まだまだ未熟ではございますが、
これからもご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます」

「入社間もなくまだ何も分かりませんが、一生懸命頑張ります。
これからもご指導のほど宜しくお願い申し上げます。」

などが良いでしょう。

取引先への一言としては

「昨年は格別のご厚意を賜り、厚くお礼を申し上げます」

「旧年中は大変お世話になりました」

「今年も皆様のお役にたてるよう一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります。」

「本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。」

などが良いでしょう。

なお、取引先にはプライベートの内容(結婚報告や子供の成長)を書くのは
公私混同になりますのでやめましょう。

まとめ

年賀状の一言は気を遣うものです。
送り先や印刷とのバランスを考えましょう。

また、送った相手によって受け取り方も様々ですので
何が正解という事はないと思いますが
最低限のマナーを守って一筆添えてみるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました