【経験談】発達障害や知的障害のある子の園選びのポイントはコレ!~その2~

育児・療育

さて、発達障害や知的障害のある子の園選びのポイントとして
前回書かせていただきましたが

長くなってしまったので
個人的にオススメの園のお話は
こちらに別に書かせていただくことにしました。

前の記事はこちら
【経験談】発達障害や知的障害のある子の園選びのポイントはコレ!~その1~

これからお話しすることは
おうちの都合によっては
「そんなの無理だよ」と思われるかもしれません。

しかし、実際私が娘の小学校入学に向けて動き始めた時に

「この園にしておいてよかった!」

と思ったことですので
ぜひ園選びに迷われている方には
聞いておいてほしいです。

なので、ちょっとお時間をください。

それでは園選び後編、スタートです(^-^)

スポンサーリンク

私自身の経験から、個人的にオススメの園はコレ!

お子さんの園選びのために
幼稚園・保育園、または療育園など
色々なところを検討していることと思います。

親御さんのお仕事の都合もあると思いますし
お仕事でなくても

下の子がまだ小さいから家では見きれない

などの悩みもあると思います。
上の子に何かしら発達の悩みがあると
下の子まで手が回らないことが多いですからね。

そうなると、やはり保育園が人気になるでしょう。
 
 

でも、ちょっと待ってください。

発達障害や知的障害
また、グレーゾーンのお子さんをお持ちの親御さん!

園選びの候補の中に
ぜひ入れておいて欲しい園があります。
 

それは

通う予定の小学校の学区内にある公立幼稚園です。
 

何でそこなの?
保育園のほうが、長く預かってくれるし
親も仕事をしているし
早く帰ってきちゃう分、保育園に比べて不便じゃないの?
公立より私立のほうが、充実してるんじゃないの?

などなど、思われる方もいらっしゃると思います。

どうして私が公立幼稚園をオススメするのか?
その理由を詳しくお話いたします。

公立幼稚園のメリットって何?

どうして学区内の公立幼稚園をオススメするのか?

それは
 

小学校の校長が
幼稚園の園長を兼任している
から。
 

なぜこれがメリットになるのかというと

小学校の入学を考えた時に
幼稚園時代から子どもを見てもらっていることで
小学校入学のハードルが少し下がるからです。

実際、私が娘の小学校選びで
地域の療育をサポートしてくれている
臨床心理士さんとお話をさせていただきましたが

「小学校の校長先生が、お子さんの事を知っているのは強いです」

と言われました。

小学校への入学に関しては
就学前検診で発達でひっかかり
発達検査を行った結果によっては
自治体の教育委員会から
支援学校を勧められる事もあります。

そういった時にも
入学予定の小学校の校長先生が
自分の子供の様子を知っていてくれれば
「普通の小学校でも大丈夫なんじゃない?」
と思っていただける可能性も高いです。

校長先生が園長先生として
幼稚園の運動会や発表会、クリスマス会や避難訓練など
幼稚園での様々な様子を見てくださっているんです。

そのため、幼稚園での様子を見た上で
小学校への入学を判断していただけます。

ウチの娘の場合は、幼稚園の先生からも
「○○が伸びています」などと
園長先生に報告をしてくださっていたようで
幼稚園でできるようになった事、
または、苦手な部分なども
知ってくださった上で判断していただけます。

小学校への入学に関しては
入学できるかどうかは最終的には
校長判断になる事も多いようなので
とにかく「校長先生が知っている」のは重要です。

全く知らない子どもよりは
知っている子どもの方が
やはり入学のハードルは下がるでしょう。
 

実際、

「小学校から『ウチでは見られません』と言われてしまったので
支援学校に入った」

という話も聞きましたので

そういうことを少しでも減らすためにも
ぜひ、公立幼稚園を候補に入れていただけたらと思います。

スポンサーリンク

さいごに

2記事に渡って
私の体験に基づいて
何かしらの障害を持つお子さんや
グレーゾーンのお子さんの園選びについて
書かせていただきました。

大事なことは

とにかくいろんな所に相談をして
協力してもらえるところは協力してもらうこと。

遠慮をしていてはいけません。

我が子のために
できる事はすべてやっておくくらいの気持ちでいきましょう。

子どもにとっても、親にとっても
一番いい園が見つかることを祈っています。

頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました