お正月の鏡餅、カチカチを軟らかくする方法と簡単な食べ方を紹介

年中行事

お正月に玄関や火の元などに飾った鏡餅。

さて、そろそろ下ろして食べようかな?と思っても
どうやって食べようかな?となる事、多いですよね。

お正月中飾っていた鏡餅は
カチカチになってしまうし
うっかりしたら、カビが出てたり^^;

カビちゃったら、もちろん食べない方がいいですが
カチカチになってるだけだと
処分するのももったいない。

それに、鏡餅には年神様が宿るとも言われますので
ぜひ、口に入れたいところですよね。

実家では神棚前はもちろん
玄関やガス台の近く
作業場や庭にある内神様の小さな祠にも飾っていたため
毎年たくさんの鏡餅を作っていました。

そして、鏡開きの時を堺に順に消費(笑)

今思うと、いろいろ工夫して美味しく食べていたなぁと感じたので
忘れないように書き出しておくことにしました。

食べ方に迷っている方へ
少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

お正月の鏡餅、どうやって食べたらいいの?

鏡餅は「包丁を入れて切ってはいけない」
よく言われています。

なので鏡開きには、よく乾燥させた鏡餅を
ハンマーなどを使って叩き割ります
ね。

水分が多く残っていると
叩いてもなかなかきれいに割れませんので
表面に日々が入るほど
よーく乾かしておくことが大事です。

ハンマーで割るときには
周りに飛び散らないように
ビニール袋に入れたりする
といいですよ。

カチカチになった鏡餅、どうやってやわらかくして食べる?

カチカチに硬くなってしまった鏡餅。
軟らかくして食べるにはどうしたらいいのでしょうか?

私の実家では、軟らかくするために
水を入れたボウルの中に
お餅をいれて丸一日くらい置いていました。

初めて見たときは
「何でお餅が水に沈んでるんだ?」
と、不思議に思う光景でしたが(笑)

そのあと、お雑煮やお味噌汁に入れたり
レンジで更に温めて軟らかくして
きな粉や大根おろしなどを絡めて食べていました。

結構カチカチになってましたが
これで、軟らかく美味しく食べることができましたよ。

スポンサーリンク

鏡餅の食べ方で簡単なものは?

鏡開きで思っていたより細かく割れた時や
軟らかくしないで、もっと簡単に食べる方法無いの?
という場合には

揚げ餅にしてしまうのがいいでしょう。

実家では
一口大くらいの大きさにお餅を細かく砕いて
新聞紙に広げて、日の当たる廊下に数日干しておき

カラカラに乾いたら
油で揚げていました。

味付けは醤油と砂糖を少し。

揚げて油を切ったお餅を新聞紙や
キッチンペーパーに広げ
上の方から、醤油をササーっとかけた後に
軽く砂糖を振って転がしていました。

出来立ては醤油の香ばしい香りと
上げた手のサクサク感に
砂糖の甘さも少し加わって
止められない美味しさでした。

手軽にできて、お子さんのおやつにもなるので
鏡餅の食べ方に困ったら
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

鏡餅は

ハンマーで割る

カチカチになってしまったものを軟らかくするには
 お水に浸けた後に、レンジでチン

細かく砕いて揚げ餅に

と、ざっくり食べ方を紹介させていただきました。

ハンマーで叩き割るのが一番苦労するかもしれませんね(笑)

あとの食べ方としては
簡単なものばかりなので
せっかくの年神様が宿る、ありがたいお餅なので
カビには十分注意して
美味しくいただきましょうね。

私は毎年、カビさせてしまうことが多く
なかなか口に入らないのですが
今年はカビを生やさないように注意して
ありがたいお餅を食べたいと思います!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました