お通夜に参列する時の服装は?職場関係の参列の時、お通夜の流れは?

生活

社会人になると、職場関係での
急なお通夜に伺うことも出てきますよね。

私は親から

「不幸を待っているようになってしまうから
 準備は前もってしておくものではない」

と言われていたので、就職して初めて
上司の親がお亡くなりになった時に
慌てて礼装一式を用意した覚えがあります。

このように、お亡くなりになった後に
すぐに連絡をいただけて
礼装の準備が出来るのであれば
それに越したことはありませんが

「今日、○○さん宅のお通夜だよ」

と、いきなり言われることもあるかと思います。

 
そういう時に

「礼服もって無いよ!?バッグも靴もちゃんとしたの無いよ!?」

と慌てることもありますよね。

今回はそうなってしまった場合の対策を
調べてまとめてみました。

お若くて、就職して間もない方など
いざという時のためのお役に立てたら嬉しく思います。

スポンサーリンク

お通夜に参列するときの服装で気をつけることは?

「スーツしか持っていない!」

「バッグも靴も、ふさわしいものが無い!」

このような場合も、慌てないでください。

お通夜は急ぎ駆けつけるものなので
手持ちのものでも構わないとされています。

といっても、派手なものはダメですよ^^;

礼服が無ければ、手持ちのスーツや
会社の制服でも構わないでしょう。

バッグや靴は
できるだけ光沢の無い物を選びましょう。

服装については
職場の上司や先輩にも聞いてみるといいですね。

経験していれば
的確なアドバイスをいただけると思います。
 
 

職場関係のお通夜に参列するときはどうしたらいい?

社会人になって初めてのお通夜が
職場関係だった、という事は少なくないでしょう。

私もそうでした。

前述したように、職場関係のお通夜の知らせを受けて
慌てて礼装一式を買いに走りました。
 

服装に関しては上記のとおりです。
では、実際に参列する時の作法や手順などは
どうしたらいいのか?というと

普段から仲良くしている先輩
(できればご年配の方)と
一緒に行かせてもらって
先に先輩が行っている様子を見て
そのとおりに動く。

というのが確実でしょう。

私は初めてお通夜に行った時は
同じ部署に同い年の先輩がいたのですが
その方もあまり弔事の経験が無く
どうしたらいいんだろう?と困っていた時に
事務のご年配の女性が
「じゃあ、待ち合わせして一緒に行こうか」
と言って下さったので
ご一緒させていただきました。

そして、先に事務の女性にお焼香をしてもらって
手順を覚えた上で
お焼香をしてきました。

正直、一緒に行ってもらえたのは
ものすごく助かりました。

ご年配の方はたくさんの知恵と経験を
持っていらっしゃいますので
普段から仲良くさせていただく方がいると
いざというときに本当に頼りになりますよ。

 
 

スポンサーリンク

お通夜に参列するときの手順は?

参列、とは言わないかもしれませんが
お焼香だけの時には
受付で通夜見舞いなどを出し
お焼香をしてそのまま帰ります。

お焼香をする時には
焼香代の左右に親族が控えているので
左右に礼をしてからお焼香をします。

お焼香後も、同じように礼をして立ち去ります。

これだけですが、経験が無いと
とても緊張しますよね。

前に人がいれば、その方の様子を見て
しっかり覚えてから臨みましょう。
 
 
職場関係では、なかなか無いとは思いますが
通夜式に最後までいる場合は
一般席があると思いますので
そちらに着きましょう。

「お焼香をお願いします」というアナウンスで
近親者から順にお焼香をします。

職場関係ということなら
最後の方でいいでしょう。

通夜式終了後、通夜振る舞いといって
食事の席が設けられることがあります。
そちらに声をかけられることもあるかもしれませんが
今は主に家族や親戚で行うことが多いようですので
席に余裕が無いようなら辞退しても失礼にはなりません。

地域によっては、声をかけられたら
一口だけでも箸をつけて帰るのが礼儀とされている場合や
辞退しても大丈夫、という場合と様々ありますので
この辺りは職場の先輩や上司と行動を共にしましょう。

 
 

さいごに

突然の弔事の席では
礼儀や手順など、分からないことだらけな事も多く
必要以上に緊張してしまうかもしれませんが
事前にどうしたらいいのかを
親や職場の先輩にしっかり聞いて
個人を悼む持ちも忘れずに臨みましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました