大掃除の簡単な窓ふきのコツと手の届かない所の掃除の仕方は?

年中行事

12月は何かとイベントが多いですね。
その中で一番憂鬱(?)なのが大掃除ではないでしょうか?

中でも手がかかるのが年に何度もやらない窓掃除。
寒い中での水を使った外作業に
毎年気持ちの重くなる方も多いでしょう。

かくいう私も気が重くなる1人です。
寒いし時間もかかるしで
学生時代は家の窓掃除を頼まれるのが嫌でした。

そんな窓掃除をいかに手際よくキレイにするか?
手の届かない場所はどうしよう?

新年をピカピカな窓で気持ちよく迎えるために
窓掃除の方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

大掃除の簡単な窓ふきの方法は?

まず、窓ふきに使用する道具ですが

  • 雑巾2枚
  • ぬるま湯を張ったバケツ
  • スクイジー(窓掃除用のT字型のワイパーのようなもの)

基本はこれだけです。
スクイジーはホームセンターや100均にも売っています。

まず水に浸した雑巾で窓をふき
スクイジーで水を落とし
最後にからぶき雑巾で下にたまった水をふき取ります。

作業としても比較的簡単かと思います。

この簡単な作業を
さらに効率よく手際よく行うコツがあるので
ご紹介します。

大掃除の窓ふきのコツは?

まず、バケツにはぬるま湯を入れること。
水よりも汚れが取れやすくなります。

鳥のフンや泥汚れなどのガンコな汚れがついているときには
あらかじめ湿らせて取れやすくしておきましょう。

スポンサーリンク

バケツのぬるま湯に台所用の中性洗剤を数滴たらします
窓ガラスの汚れが取れやすくなり
後のホコリが付きにくくなります。

内側を掃除するときには
床にはバスタオルなどを敷いて水が垂れるのを防ぎましょう。

窓を濡らした後にスクイジーを上から下に引いて水を落とすときに
1センチくらい重ねるとよいです。
1回ごとにスクイジーの水分を拭きましょう。
最後に窓下の窓枠に沿ってスクイジーを横に引きます。

仕上げに丸めた新聞紙で窓を磨くと
インクの油分でピカピカになるそうです。

大掃除の窓ふき、手の届かないところはどうする?

窓掃除をしていると2階の窓や外側に90度で開く窓など
どうしても手の届かない部分がありますね。

窓を外して拭ければよいのですが
なかなかそうもいきません、

その時は棒状の物にスポンジを輪ゴムや紐でいくつか巻いて
棒から少しはみ出すくらいにしましょう。
バケツに中性洗剤を垂らしたぬるま湯を作りスポンジをつけ
水が滴らない程度に絞って窓を拭きましょう。

缶のスプレー式のガラスクリーナーがあれば
缶を良く振って棒に取り付けたスポンジに噴きかけて
泡が消えないうちに窓を拭きます。

ガラスを拭き終わったら
最後にスポンジたわしを水洗いしてから良く絞り
もう1度棒に取り付けて窓を拭きあげましょう。

これで手の届かない場所もある程度キレイにすることができます。

まとめ

カーテンを開けてピカピカな窓が見えると
それだけで気持ちのいいものです。
寒い中の外作業で大変ですが
キレイな窓で新年を迎えたいものですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました