子供の熱中症対策や原因、罹ってしまった時の応急処置の方法はコレ!

生活

過ごしやすい春が過ぎると
だんだん暑さ厳しい夏に向かっていきますね。

そして暑くなってくると気になるのが熱中症。

最近は暑さも年々厳しくなっていますし
家の中で涼しく過ごせる方ばかりではないので
もしなってしまったら…と思うと私自身も怖いです。

特にお子さんをお持ちの方で
運動系の部活がある方は
夏場の練習など心配でたまらない部分もあるでしょう。

今回は、主にお子さんが運動をしている方に向けての
熱中症対策をまとめてみましたので
参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

子供の熱中症対策に必要はコレ

まず、運動前に最低でもコップ1杯の水を飲ませましょう
通常であれば普通の水で構いませんが
汗をたくさんかく時期ですと
2倍程度に薄めたスポーツドリンクや
コップ1杯の水に塩をひとつまみと
適度に蜂蜜やレモンを混ぜたものがよいでしょう

ミネラルの補給のためにも
砂糖ではなく蜂蜜をオススメします。

 

同じものを運動中は休憩ごとや運動後に
必ず摂らせるようにしましょう

あまり飲み物が冷たすぎるとお腹を壊してしまいますが
ぬるすぎても体温を下げる効果が薄れますので
少し冷たい程度にしましょう

また、凍らせた保冷剤をタオルでくるんで
休憩中などに首筋や脇の下、足の付け根などの
大きな動脈のある部分に当てて冷やす

効率的に体温を下げ、ほてりを冷ませます。

しかし、やりすぎると体がだるくなったりしますので
軽く行うように伝えてください。

 

帰宅後はぬるめのシャワーをサッと浴びさせて
食事は味付けを少し濃い目にして
塩分を補給しましょう。

昼食後などであれば疲れてお昼寝もするでしょう。
その場合は26~28度くらいの部屋で
お昼寝させてください。

温度を下げすぎると
かえって熱が体にこもったりバテやすくなりますので
室温には注意しましょう。

扇風機を使う場合は
直接体に当たらないように気をつけましょう

 

熱中症の予防としては
まめに冷やす事、塩分・ミネラルを補給す事と
十分な休息をとらせる事
を心がけてくださいね。

ところで、熱中症の原因って何?

暑い日は、なぜ熱中症になってしまうのでしょうか?

私たちの体の中では普段から
様々な熱が生まれます。

じっとしていても心臓や脳が絶え間なく動いているため
いつも熱が発生しています。

人の体は多くの熱を生み出しますが
体温が上がりすぎてしまった場合は
発汗等によって体温を下げるシステムが備わっています。

このように人の体は体温調節機能を持っていますが
高温の環境に長時間いると
この調節機能が乱れてしまうことがあります。

すると、体内に熱がこもったり
急にたくさんの汗をかくことで
体の水分や塩分が奪われ
この影響で痙攣やめまい、頭痛、吐き気などの
多くの症状が出るのが熱中症です。

熱中症は
環境による要因
(気温が高い、湿度が高い、日差しが強いなど)

身体的なものによる要因
(体調が悪い、高齢者や乳幼児など)

行動による要因
(激しい運動や長時間の炎天下での労働
水分補給がしにくいなど)

これら3つの要因によっておこるので
気温や体調などには
毎日注意を払うといいですね。


スポンサーリンク

熱中症になってしまったときの応急処置の方法は?

炎天下や暑い部屋にいる時に
吐き気や頭痛があれば
熱中症を疑いましょう

自分で対応ができそうであれば、
すぐに応急処置を行ってください。

まず涼しい場所に移動してください。

建物が近くになければ
日陰に移動しましょう。
建物があればエアコンが効いた部屋に入ってください。

部屋に入ったときも
窓辺などの日向は避けましょう。

移動ができたら、衣服を緩めましょう。

楽な状態になるように
ベルトなどの体を締め付けているものは
すべて緩めて風通しをよくしてください。

次に身体を冷やします。

濡れタオルや保冷剤をタオルでくるんだものを
前述した首筋や脇の下、足の付け根などに当てて
効率的に体を冷やしましょう

すでに倒れてしまったり
意識障害がある場合は
速やかに救急車を呼びましょう

どうしても暑い場所で
過ごさないといけないときは
熱中症をおこしても大事に至らないよう
速やかに応急処置ができるように
対処はしっかり覚えておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?
お子さんの場合は部活や大会などで
どうしても炎天下の中にもいないといけなくなることもありますよね。

しっかり予防をして
万が一の時には
正しい応急処置ができるように
準備をしておきましょう!

お子さん自身にも
熱中症にならないようにどうしたらいいか
しっかり伝えておきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました