【体験談あり】シャツの襟汚れ、黄ばみは何が原因?落とし方と予防法をご紹介。

生活

ワイシャツの襟や袖の汚れ、気になりませんか?
私は気になりながらも「面倒だなぁ」と思って
汚れ落としを先延ばしにするほうです^^;

そうしたら先日、義母が夫のワイシャツの襟汚れを見つけて
「洗っといてあげる~」と回収していきました(笑)

サッパリしてる義母なので悪気は無いのだろうし
私が幼児の子育てに手一杯なのも分かってくれているであろう事なので
善意で持って行ってくれたのでしょう。

でも嫁としては、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。

なので、自分のためにも汚れの原因や
出来るだけ簡単な落とし方など調べてみて
実践してみたものもありますので、ご紹介します!

スポンサーリンク

汗で黒ずみや黄ばみが出たシャツの襟、汚れの原因は?

シャツの黒ずみや黄ばみの原因は汗や皮脂の汚れです。

空気中の酸素が衣類に付いてしまった皮脂汚れなどと化学反応をして
汚れが酸化されて黄ばみや変色の原因となるようです。

酸素と化学反応、という事の分かりやすい例えだと
りんごの皮をむいてしばらく放っておくと
茶色く変色しますよね?
あんな感じです。

夏場などで汗や皮脂の分泌が多くなると
汚れやすくなります。

我が家の夫のワイシャツも、どちらかというと
長袖より半袖のほうが汚れが出ている気がします。

付いてしまった汚れや黄ばみ
どうやって落としたらいいのでしょうか?

黒ずみ汗染みや黄ばみの落とし方は?

私が黒ずみ汚れに実際使ってみてよかったのは
「ブルーキー」という固形洗剤です。

真っ青な長方形の洗剤で、ネットつきで売っています。

使い込んである画像ですみません^^;
乾燥すると割れてしまうのですが
本来は長方形の1本の固形石鹸です。

これをサッと水に浸してから汚れの部分にこすり付けて
後は手でこすり洗い・もみ洗いです。

ゴシゴシしてから洗い流すと
汚れは結構きれいに落ちてます。

ただ、これを実際やったときに気にしていたのが
襟の黒ずみ汚れだったので
黄ばみや汗染みに効果があるかはちょっと分かりません…。

今度黄ばみを見つけたら使ってみようと思います。

黄ばみに効果があるといわれているものが
酵素入りの洗剤で付け置き洗いをすること。
酵素葉化学反応を促進する働きがありますので
ある種類の汚れを落としやすくする効果があります。

プロテアーゼはたんぱく質を分解。
リパーゼは脂肪分を分解…などなど
昔、化学の授業か何かで習った気がする?という内容ですが
このような酵素が洗剤に入っているものがあります。
それを選んで使うと効果的に汚れが落とせますね。

また、酵素は40℃くらいで一番活発に働くため
選択するときにはそれくらいの温度にしたぬるま湯を使いましょう。

30分から1時間ほど浸け置きすると汚れが取れやすくなります。

ここで注意してほしいことは
40℃以上にしてはいけないという事。
それ以上に温度が上がると、酵素の働きは鈍くなります。

また、たんぱく質は高温になると固まって逆に落ちにくくなりますので
注意してくださいね。

市販の洗剤でオススメなのは
ウルトラアタックネオです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お買い得品】ウルトラアタックNeo 本体(400g)
価格:272円(税込、送料別) (2017/5/18時点)

こちらは酵素の研究を続けて商品開発をしており
襟の汚れの主成分である「肌の角質(タンパク汚れ)」を落とすため開発されています。

汚れに原液を塗るだけで、もみ洗いもなく洗濯機へポンッでOKだとか!

我が家でもいつも使っている洗剤なので
今度試してみようと思います!

うまく落ちたら追加で画像を入れますね!

スポンサーリンク

汗染み・黄ばみの予防法は?

襟の汚れ、汗染み黄ばみの予防方法ですが

まず、襟の場合はベビーパウダーをはたいておくと良いようです。
赤ちゃんの肌がかぶれないように、使うことも多いですが
汗や油分を吸着してくれるので
汚れが衣類に付きやすくなります。

他にはアイロンキーピングなどで糊付けをしてしまうこと。

こちらも同じように
衣類に直接汚れが付くのを防ぐことが出来るとのこと。

私はこのような商品があること自体を知らなかったのですが
簡単に使えそうなので、夫のワイシャツにやってみたいです。

少しでも洗濯が楽になれば助かりますからね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

私も知らないことばかりで
調べていて色々ためになり
とても楽しかったので
楽しんだだけでなく実践して
汚れを付かない様に
付いてもすぐに落とせるように
あれこれ試してみます!

同じようにお困りの方も
是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました