お中元を旦那の実家に贈るときの相場と親世代がもらって嬉しい品物は?

年中行事

夏はお中元の季節。
結婚したばかりの方には
「義両親へのお中元、どうしたらいいの?」と
頭を悩ませる方も多いことでしょう。

私自身も結婚当初はお中元売り場へ行って
どうしたものか?とあれこれ見ていたことを憶えています。

今回は結婚したばかりでお中元に悩んでいる方へ
「両親世代に贈って喜ばれるもの」や
「お中元の相場」などをお伝えします。

堅苦しく考えなくても大丈夫!
普段お世話になっているお礼をちょっとする、くらいの気持ちで
楽しく品物を探しましょう!

スポンサーリンク

お中元は旦那さんの実家に贈るべき?

結婚して初めてのお中元の時期。
「しっかりお中元を贈って、いいお嫁さんアピールをしておきたい!」
「別にお中元は贈らなくてもいいんんじゃない?」など
いろいろ意見がありますが
まずは相手を見極めることが大事です。

何故かというと
「そんなに気を使わなくていいよ~」という方と
「お中元くらい当たり前!」と思う方がいるから^^;

これは本当に相手の様子をよく見ておくしかないのですが
遠方にお住まいなどでなかなか会えないと分かりませんよね。

そういう時は、旦那さんや奥さんに聞いてみましょう。
「その辺はきっちりしてるから、送った方がいいかもね」とか
「いや~そんなに気を遣わなくていいんじゃないかな」とか
教えてくれるはず。

送った方がいいよと言われれば
じゃあ準備しよう!と取りかかれますが
気にしなくていいよ~と言われた場合でも
ホントにいいの?と気になってしまいますね。

そういう場合は誕生日や父の日・母の日などに
贈り物をするのもいいでしょう。

また、お中元や誕生日などだと
毎年贈らなくてはならなくなってしまうこともあるかも…。
そのうち面倒になる日が来るかもしれません。

私は実際ちょっと面倒になってしまって…
結婚3年目くらいで夫が「近くに住んでるんだし、やんなくてもいいんじゃない?」
と言われたのを機にやめてしまいました(^_^;)

ふいに止めてしまうのもよくないので
それなら日ごろの感謝の気持ちとして
ちょっと訪ねるときに手土産を持っていったり
出かけたときにお土産を買ってくるなど
感謝の気持ちを伝えたいのなら
お中元などにこだわらず、日ごろの贈り物でもよいですよ。

両親向けのお中元の相場は?

両親へ向けてのお中元の相場ですが
気持ちなのでそんなに値の張るものを贈る必要はありません。
3000~5000円くらいで良いでしょう。

お中元は贈って当たり前!と思うご両親には
ちょっとでも良く見えるものを選ぶと良いでしょう。

気にしなくていいよ~というご両親向けには
洗剤などのそんなに気取らないものを
贈ってみてはいかがでしょうか?

安すぎるもの考えものですが
高すぎてもかえって気を遣わせてしまうものなので
適度な額のものを選びたいですね。

スポンサーリンク

親世代がもらって嬉しいお中元はこれ!

もらって嬉しいお中元というと
趣味や好みが大きく関係してくるので
先に相手の好みのリサーチをしましょう。

以下一例としてあげさせていただきます。

ご年配には羊羹は意外とお勧めです。
私の知り合いには、経験上ご年配の来客時に
お茶菓子としていろいろお菓子を出して
一番売れるのが羊羹という方もいます。

水羊羹でも普通の羊羹でも、日持ちがするので
突然のお客様へのお茶菓子としても
便利に遣ってもらえます。

あとは旬のものもオススメです。
さくらんぼやブドウ、桃やメロンなど
季節の果物は喜ばれます。

また、定番と思われるお茶や海苔は鮮度が落ちると美味しくなくなるので
お中元をたくさんもらうお家だと困っている場合もありますので気をつけましょう。

この時期は缶入りやパックのジュースなども
小さなお子さんや来客の多い方でしたら喜ばれますね。
ビールも毎日飲む方にはありがたい贈り物になるでしょう。

ただ、ご年配の方には 体調の理由でアルコールを控えている方もいらっしゃるので
そういう場合にアルコールは止めておきましょう。

体調などは旦那さんに確認しておきましょうね。

あとは高級ホテルのスープやカレー缶なども
面倒な調理もなく手軽に美味しいものが食べられるので喜ばれます。

食べ物以外では毎日使う洗剤も
必ず使うので良いですね。

まとめ

いかがでしたか?
結婚したてだと、義両親への自分の印章などにも
気を遣ってしまいますよね(><) ですが、これから長いお付き合いになるので あまり気負わずお好きなものを見極めて 喜んでもらえる贈り物ができるといいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました