吹割の滝に行ってきたよ!見どころや見学時間をご紹介。

体験記
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「吹割の滝」ってご存知ですか?
旅行ガイドブックを見てもあんまり大きく掲載されてはいないので
耳にしたことのない方も多いかもしれません。

私も全然知りませんでした。
でも、行ってみたら結構すごい所でした!

散策するにも自然がいっぱいでいい所です。
どんなところだったのか
写真も併せて、ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
  

今回は「滝の駅」という無料駐車場に
車を停めることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちが着いたのは11時頃だったのですが
駐車場は満車。
これくらいの時間だと出る方もいらっしゃるので
少し待って停める事ができました。

長い道のりになるので
飲み物を持っていない方は
こちらの売店で飲み物を買っていくことを
オススメします。

私たちは飲み物なしで進んでしまったので
道中後悔しました(-_-;)

お子さんのいらっしゃる方は
特に飲み物は忘れないようにした方がいいです。

さて、滝を目指して
お土産屋さんの並ぶ通路を進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまでゴチャッとしているお土産屋さんは
久しぶりに見ました(^^;
時間があれば「何があるのかなぁ~」と
探す楽しみがありそうですが
今回はスルーで先に進みます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝に向かって
長い坂や階段を下っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中にはこのような看板がありました。
この時点ではどういう事なのかよくわかりませんでしたが
滝に着くと「そういう事か!」とわかります。

で、見どころの滝がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真だとダイナミックさが伝わりにくいかもしれませんが
風向きによっては結構水がしぶいてきます。
足元の岩肌にも水がかかるので
確かに滑りやすそうです!
こちらにも道中にあったものと同じ看板がありました。
川の近くには「これ以上先は行かないでね」の
白線が引いてあったり
ロープが張られていたりするので
それより川の方には近づかないようにしましょう。

ちょっと調べてみると
転落事故なんかも起きているようなので
絶対に線を越えてはいけません。

道中も長いのでサンダルやヒールの靴では行かない方がいいです。

こちらの一番の見所はここになると思います。
お時間のない方や足に自信のない方は
来た道を引き返しても構わないでしょう。

まだまだ歩けるよ!
時間はいっぱいあるよ!
という方は
そのまま先に進みましょう!

スポンサーリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この先は道が細くなります。
大人が少し余裕を持ってすれ違えるくらいの道幅です。
川側は柵が無いので
落ちないように注意しましょう。

ちびっ子なんかは特に注意です!
しっかり手をつないでおくか
万が一の時に手が伸ばせる位置にいる事をオススメします。

前半はこのような柵のない道を
川沿いにずーーーっと進んでいきます。

足元に注意しつつ
雄大な景色も楽しみましょう(^-^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく川沿いに歩いていくと
小さな観音様があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この先には一本橋があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

橋からの眺めも素敵です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからは山道です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足元に気をつけて
途中にあるクマよけ(!)の鐘を鳴らしながら進みましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山道をひたすら進むと
階段が出てきます。
これを登れば
車を停めた「滝の駅」まであと少しです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝の駅に行くまでにも
ちょっと眺めのいい場所があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に景色を堪能して、ゴール!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子連れの足で1時間20分の道のりでした。
大人だけならもっと早いと思います。

疲れましたが景色が予想以上に良かったので
歩きながら楽しめました♪

長い距離を歩きますが
綺麗な景色と川の流れに癒されに
お出かけになってみてはいかがでしょうか?

うちの子供は道端の石やら小枝やら拾って
遊びながら歩いていたので
お子さん連れの方も
楽しみながら歩けると思います。

その際は
スニーカーと飲み物
忘れずにお持ちくださいね!!

ちなみに、ここから車で30分くらいの場所に
「水芭蕉の森」という所があります。
水芭蕉の時期にはぜひ足を運んでみてください。

→水芭蕉の森

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました